SHOES

子供シューズを選ぶときはサイズも形もピッタリなものを選ぼう

ピッタリな靴を選ぶ

母と子

選ぶときのポイント

子供シューズを選ぶときは、マジックテープなどで足の甲の高さを調整することができる靴を選びましょう。足の形は子供によって異なるため、調整できるタイプが便利です。その他にも、つま先部分は広くなっているかどうか、つま先部分が反り上がっているか、かかとをしっかりと固定することができるかなど幾つか確認しておくべきポイントがあります。こういったポイントは、子供が快適に歩くためにも、子供の足の成長をサポートするためにも大切なポイントです。

靴を選ぼう

靴を選ぶときは、子供が自分で履いたり脱いだりすることができるか、簡単に履くことができるか、好んで履いてくれるかで選ぶようにしましょう。一定の年齢にくると、自分で靴を履いたり脱いだりする練習を保育園や自宅で始めるため、履きにくい靴は子供のやる気を下げる原因になってしまいます。そのため、子供が自分から履きたいと思えるように好きなキャラクターの子供シューズを選ぶことも大切なのです。その他にも、靴を選ぶときはサイズが合っているかどうか調べるために、中敷きを取り出して調べてみましょう。中敷きの上に子供を立たせることで、足のサイズとあっているかどうか判断することができます。中敷きを取り外すことができない靴は、スタッフに相談してみましょう。

靴を履かせてサイズの確認

靴の中敷きである程度サイズを確認したら、次は実際に靴を子供に履いてもらいましょう。靴を履かせるときは、靴下を履かせておいてください。靴を履いた後は、かかと部分を少しコンコンと叩きしっかりとかかとに合わせます。このとき、靴紐はキツくないか、テープの締りはどのぐらいかなども見ておきましょう。靴紐がキツイ状態やテープの締りが緩いと、転倒してしまう原因になると言われています。

実際に少し歩いてもらう

履かせた状態で靴のサイズを確認したら、両足共履かせて歩いてもらいましょう。立ったままの状態と歩いたときでは、靴のフィット感が変わることもあるためサイズと形にあった靴を買うためには大切なことです。歩いたときに、歩き方はおかしくないか、靴が脱げやすくないか、痛みは感じないかなど子供に聞いてみましょう。

広告募集中